コラーゲンの多い食材とお料理

美容と健康に良いとされ、ドリンクやサプリメントなどが人気になっているコラーゲンですが、食事の中から取り入れることも有効と考えられています。多く含んでいる食品をよく理解して、普段の食生活の中に取り入れるようにしてみましょう。

コラーゲンの多い食材としてよく例にあげられるのは牛すじ、手羽先、魚類、フカヒレ、うなぎなどです。

また、日本ではあまり一般的に食べられる食材でありませんが、豚足にも多量のコラーゲンが含まれています。

食材に含まれているコラーゲンは、煮込むことで溶出し、冷めた煮汁をゼリー状に固めることがあります。

これが煮こごりの状態です。皮付きの鶏肉を煮込んだり、煮魚などで味わうことが多いものですが、牛すじを柔らかくするために煮込む下ごしらえでも、同じように煮こごりを得る事が可能です。

捨ててしまわずに、上手に活用することで、おいしくコラーゲンを摂取することが出来るのです。

肉類や魚類を煮込んだものには、独特の臭みがあり、苦手に感じる人も多い食べ物です。

この臭みを抑えるためには、ショウガや唐辛子が有効に働きますので、味付けの時に針ショウガや乾燥唐辛子などを加えてみることで、食べやすく、しかもおいしく仕上げることが可能です。